毎日料理をする側としては、だんだんと用意する料理が固定してしまうという悩みを持っている人は多いものです。
近年ではスマートフォンでもたくさんの料理を検索することがてきますが、雑誌を見ている時にふと見つけた料理のレシピや、テレビ番組で紹介されている料理を作ってみたいなと感じることもあります。
その場合には、あわててメモに書き留めたりするのですが、そのメモがどんどんたまってしまい収納にも困ってしまうこともよくあるでしょう。

料理のレシピをブックレット

これまでは自分がメモした料理のレシピは、適当なファイルに挟んで使いたい時にそこから探していました。
でもこの方法だと作りたい料理の種類を見つけるときに、なかなかそのレシピを探すことができません。
急いでる時に限ってなかなか見つからずに、結局作りたかった料理を断念してしまうこともありました。
そこで私はこれまでの料理のレシピを思いきってブックレットにすることに決めました。
一つにまとめれば収納にも困らないし、使いたいときにすぐに見つけることもできます。
さっそく私はブックレットを作るために製本テープを購入しにいきました。
作り方は意外と簡単で、たまったメモをホチキスで閉じて、はみ出た部分はカッターで切り落としました。
そして表紙と裏表紙をつけて製本テープで閉じるだけの簡単なものです。
表紙が白紙になってしまうのでどうしようと思っていましたが、娘と息子に絵を描いてもらいました。
世界で一つだけのブックレットができてとてもうれしく思っています。

専門業者さんに製本をお願いするならコチラ

いまや無くてはならない必需品です♪

これまでためてきた料理のレシピをブックレットにしてから、料理のレパートリーもとても増えてきたように思います。
以前まではあの料理を作りたいと思いだしても、レシピを探すのがめんどくさくてやめてしまっていた部分もあります。
ブックレットを作る際にあいうえおの順で並べておいたので、今ではすぐに探し出すこともできます。
スマートフォンやタブレットでもたくさんのレシピを検索することができるのですが、私はキッチンにスマートフォンやタブレットを持っていくのがあまり好きではありません。
水にぬれて壊れたらいやらし、衛生的にも良くないのではないかと思っています。
そのため今の私にこの料理のレシピのブックレットはなくてはならない必需品となっています。
ブックレットを開く際に娘と息子が描いた絵が目に入り、娘と息子のために料理を作っているといっても過言ではないので、頑張ろうという気にもなるものです。
これからもまた料理のレシピのメモがたまっていったら、第二弾となるブックレットを作っていきたいと思っています。